水素水の効果〜活性酸素の除去

水素水の効果〜活性酸素の除去

水素水が注目される要因は、活性酸素の除去という大きな作用があるからです。

 

人間を老化させる活性酸素というキーワードは、近年非常に興味深く受け止められていますよね。活性酸素は何が悪いのか、水素水はどう関係しているのか、その点を調べてみましょう。

 

活性酸素とは

人間は空気を吸って酸素を採り入れないと生きていけませんが、体内に入った酸素は活性酸素に変化します。酸素なのだから身体に良いものだと思うとそれがまったく逆で、活性酸素に変わった段階で急に病気を引き起こす元になってしまうのです。

 

活性酸素は酸素と違い、科学的に安定していません。

 

安定していない分子は自分が安定するために周りから必要な電子を奪うといった行動を取るために、活性酸素が大量に発生した周りの組織には酸化してしまう細胞が多くなるのです。

 

酸化というのは、いわゆる錆びと同じことですから、活性酸素に電子を奪われた組織は錆びついて老化してしまいます。そうした細胞がいずれがん化したり、動脈硬化などの病気や痴呆症などの脳の病気なども引き起こすと言われているのです。

 

水素水は活性酸素を除去出来る

細胞の中にはミトコンドリアという器官がありますが、そこはエネルギーを作り出すためにどうしても活性酸素を作りやすい環境にあります。

 

体内の活性酸素を除去する物質には「スーパー オキサイド ディスムターゼ(SOD)」という酵素がありますが、あまりにも活性酸素が多すぎたり、 このSODが少な過ぎたりすると、細胞はどんどん破壊されて行きます。

 

なんとかしてこのSODのような働きが出来る物質を採り入れたいと考えたところ、最も還元作用が強い水素が注目されたわけですね。

 

他にもビタミンCやビタミンEなどが還元作用の高い成分としてアンチエイジング成分などと呼ばれていますが、水素をそのまま利用して、体内で活性酸素と化合させて水に変えてしまえば良いという結論に達したわけです。

 

水素は水に溶けにくい

それなら水素を直接吸ってしまえば良いのではとも思いますが、気体の状態で取り込んでも効果はなく、水に溶けた状態でなければ体内では使えないそうなのです。

 

非常に水に溶かすのが難しい気体なので、各メーカーとも試行錯誤を繰り返し、今販売されているような形の水素水を開発したわけですね。多くはマグネシウムなどを利用してマグネシウムイオンと水素とに分離する方法が採られているようです。

 

水素水を選ぶ時には、どのような手法で製造したものなのかがわかるものが良いですね。