水素水の効果的な摂取方法

水素水の効果的な摂取方法

水素水を摂取するのに何か効果的な摂取方法はあるのでしょうか?

 

水素が溶けこんでいるとは言え、水分には変わりないので特に薬のような縛りがあるわけではありません。でも水素水に期待する何かがある以上、何か効果的なタイミングというのはあってしかるべきでしょう。

 

特に活性酸素を取り除きたいタイミングに摂取すると、より結果に期待できそうです。

 

肉体労働時

細胞がフルに動くのが肉体労働時です。
この時に活性酸素が大量に生まれるので、水素水の出番もありそうですね。

 

一概には言えませんが、過酷な肉体労働を続けている人は、60代で寿命が尽きる人が多いというデータがあります。プロスポーツとして長く活動し続けた人は、日本人の平均寿命よりも平均的に寿命が短くなるというのは、活性酸素の大量な発生が原因の一つだと考えられているのです。

 

そうした時に摂取する水分を水素水に変えるというのは有効な手段でしょう。

 

紫外線を浴びる時

実は活性酸素は紫外線を多く浴びることでも大量に発生します。

 

夏に限らず、屋外で活動する時や長く日に当たる時、レジャーや仕事などで日光を浴びる時には水素水を利用すると良いでしょう。

 

ストレスが多い時

現代社会でストレスを感じないということは難しいですね。

 

でも特にストレスを多く感じたような時には、水素水を飲むのも良い手段です。気が重い仕事や作業があった時、非常に疲れたなと感じた時など、部屋に戻って水素水で一息つくというのも有効ですね。

 

悪い空気を吸った時

最近では分煙が進んでいますが、人の吸ったタバコの煙にさらされた時や、自分で吸っている時などは水素水に頼りたいですね。また、とても空気が悪い環境にいた時なども体内に活性酸素が大量に発生していますので、水素水を飲むのも一つの手段です。

 

アルコールの過剰摂取をした時も同様です。

 

睡眠不足の翌日

暑さ寒さでなかなか熟睡出来ない時期などは活性酸素が大量発生しています。

 

心配事があって眠れない時などもそうですね。通常は、寝ている間にきちんと分解されて還元されるはずなのですが、それがパワー不足だと身体に害が出て来る場合が多いです。

 

少しでも負担を減らしてあげるには水素水は有効です。

 

過剰な分は捨てられる

体内に水素をたくさん摂っても、使わなければ自然に体外に捨てられます。
そんなに気にする必要はありません。

 

ただし、溜めておけるものでもないので、あまり摂っても無駄になるとも言えます。
同じ量を摂取するとしても、一気にたくさん摂るのではなく、こまめに分けたほうが効果的です。