水素水の効果〜生活習慣病の予防

水素水の効果〜生活習慣病の予防

水素水は生活習慣病の予防に効果があると言われています。

 

でも、いろいろな事を面倒臭がって、単に水素水さえ飲めば生活習慣病にならずに済むと思っているのであれば、ちょっと考え直したほうが良さそうですね。

 

ただ、確かに水素には医学的な効能があることは厚生労働省も認めるところです。

 

例えば胃酸過多や消化不良といった内蔵の不調に対して、電解水素水などを作る浄水器には効用がある家庭用医療用具として認可されているという事実があります。

 

また、活性酸素と化学反応を起こして水に変えてしまうというのもすでにご存知の通り。
確かに、いろいろな生活習慣病の原因を予防してくれる効果には期待出来ますね。

 

生活習慣病について

生活習慣病という言葉も定着しましたが、その昔は成人病と呼ばれていましたね。

 

たくさんの病気がひとまとめにされているので、どういう病気を思い浮かべるかは人によって大きく違うのではないでしょうか。生活習慣病というのは、生活習慣を自分で改善すれば予防することが可能な病気という位置づけになっています。

 

高血圧、糖尿病などはおそらく誰もが思い浮かべる病気だと思いますが、歳を取ったから仕方がないとは言えないのが生活習慣病です。

 

危険因子は内臓脂肪型肥満が多いと言われていて、皮下脂肪ではなく、内蔵に余分な脂肪が溜まってしまい、それによって血液の中の中性脂肪値が高くなったり肝臓の脂肪蓄積率が高くなったりすることが重い病気の引き金だと言われています。

 

病院で治すのではない

生活習慣病の多くは、異常が認められて病院に行っても医師が治してくれるというものではありません。例えば糖尿病なら、自分で自分の食生活を変えるよう、自分で治療しなければいけないものです。

 

異常な状態を薬で一時的に安全な領域まで下げることは出来ても、結局毎日毎日の生活の中で自分が努力して、食事療法や運動療法などを行わない限り誰にもどうしようもないことなのです。

 

自分の努力と水素水

水素水は薬ではありませんので、飲めば生活習慣病が治るわけではありません。

 

ただ、食事療法などに加えて水素水を採り入れた人の中には、改善のスピードが上がったという人が本当に多いのです。水素が胃腸内の異常を改善し、活性酸素を除去してくれることは確かです。

 

もちろん、自分が選ぶ水素水が信用に足る品質であることは絶対ですが、必要な努力にプラスアルファのチカラをくれるのであれば活用しない手はありません。