どのような種類があるの?

どのような種類があるの?

パックに元から入っている水素水や水素水を生成するサーバー、水に混ぜて飲むスティックタイプなど水素水の商品は豊富に揃っています。それぞれお値段や水素が含まれている量にも違いがあるので購入する前に必ずチェックして下さい。

【水素水そのものとしての商品】

水素水がそのまま入っている商品にも様々な種類があります。できればアルミパウチタイプの商品がお勧めです。アルミパウチは水素を外に逃がさず、ペットボトルよりも水素を維持し続けられるでしょう。特にアルミ缶タイプの商品は水素濃度が1.0ppm以上も含まれているものが多く、保存し続けることができるでしょう。

【スティックタイプ】

水に混ぜて飲むタイプのスティックは水素濃度が2.0ppmと高いですが、空気に触れると失われる可能性があるので混ぜる際には1.0ppmほどの濃度となってしまいます。
作るときは混ぜるだけとなっているのでそれなりに簡単です。

【水素水サーバー】

生成サーバーは他の商品よりもお値段が張ります。安いもので2万円〜、高いものだと30万もするサーバーもあります。サーバーは電気分解により水素を生成する仕組みとなっていますが、フィルターで発生させるタイプのものは水素水としての期待はできません。

 

水素の濃度が低いので水素水としての役割は低いのです。発生させる水素の濃度(ppm)やph値などに注意してサーバーを選ぶのがポイントです。