水素水の正しい選び方

水素水の正しい選び方

水素水については、良く知っているという人と、イマイチ良く知らないという人と、かなり両極に分かれます。また、あまり興味が無いという人は、ちょっと前に流行った時に、ほとんど水素が入っていない商品などで嫌な目に遭ったというマイナスイメージを持っているケースもあるようですね。

 

でも純粋に考えて、水素水の持つ効果や有用性を知れば、もっともっと活用されてしかるべきなのでは?と思ってしまいます。特にアンチエイジングに興味を持っている人であれば尚更ですね。

 

そんな水素水は正しい選び方をマスターして、あらためて生活の中で活用してみましょう。

 

水素水とは

まず水素水とは、という基本的なところから。

 

水素水とは読んで字の如く、水素が溶け込んでいる水のことです。最初によく知っている人もいると書きましたが、実はスポーツなどを楽しんでいる人は水素水のことも良く知っていたりします。

 

というのも、プロスポーツ選手やアスリートなど身体を使う人の中には、水素水を体調管理に利用しているという人も多いからです。水素水がどうして注目されるかと言えば、活性酸素を取り除くというはたらきがあるからです。

 

アンチエイジングに興味津々の人におススメだと書いたのはそのためです。

 

肉体を酷使するスポーツ選手などは、体内に大量の活性酸素が発生してしまうために、それをすみやかに還元するために水素水を利用している場合があるのですね。

 

活性酸素は使い切るくらいのバランスであれば非常に有効な殺菌機能なのですが、あまりに増えると還元が追いつかず、悪玉のヒドロキシルラジカルという物質に変質してしまうのです。

 

また、水素を摂ると乳酸が溜まりにくくなって筋肉疲労が起きにくいという論文もあります。

 

水素水を正しく選ぶには

水素水で問題になったのが、実際には効果を得られるとは言い難いほど水素量が少ないものが巷に溢れてしまったことです。水素はとても逃げやすく、確かに普通にペットボトルに入れてコンビニなどの棚に並べておいたのでは、ほとんど無くなってただの水になってしまうのが関の山でしょう。

 

こうしたことを反省し、きちんと水素を閉じ込める工夫を施した商品を選ぶ必要があります。
具体的には、アルミパウチで包装された水素水などが有効でしょう。

 

早く飲むこと

商品のほうでいろいろと気を遣ったとしても、自分で飲む時に水素をどんどん無駄に逃してしまう場合もあります。開ける時にはきちんと飲み切ること、長時間開けっ放しにしないことなどにもちゃんと注意しましょう。